OP25Bの実施について


独自ドメインメールサービス(名前deメール)のサブミッションポートについて

U-netSURFではOP25Bを実施している他社プロバイダの接続回線及び弊社フレッツ接続(固定IPを除く)より、U-netSURFのメールサーバを利用してメールを送信するU-netSURF会員向けに、サブミッションポート(Port587)を提供いたします。

サブミッションポートとは、従来よりメール送信に利用されているTCPポート25番とは別に、メール送信の受付専用に利用するTCPポート587番の事です。

サブミッションポートをご利用になる場合には、SMTP-AUTHによる認証が必要です。
SMTP-AUTHとは、メールの送信者のアカウントとパスワードにより、メール送信時に送信者認証を行う仕組みです。

※2012年3月以降、TCPポート25番でのメール送信はできなくなります。【JetSURF】

対象のお客様

メールアドレス
メールサーバ名
名前deメール
msa.お客様ドメイン名

※ 名前deメールをご利用の一部のお客様では、メールサーバ名が異なる場合があります。
詳しくはサービスセンターまでお問い合わせ下さい。
※ 送信する際のメールアドレスは、名前deメールのメールアドレスで送信して下さい。
※ 名前deメール(ウイルスオプションあり)のお客様は、 サブミッションポートメールサーバでも、ウイルスチェック機能が動きます。

サブミッションポートご利用方法

名前deメールのお客様

メールアプリケーションの設定変更後、サブミッションポートをご利用頂けます。

→ Outlook Express 6.0の設定(名前deメール)


このページを閉じる
このページの先頭へ戻る