U-netSURF インターネットサービスプロバイダー  ※サイトの表示料金は、消費税率8%を適用した価格です。

サイトマップ
U-netSURF(ユーネットサーフ)

設定マニュアル
Windows
Macintosh
smartphone
接続関係 メール設定
[ 閉じる ]
  迷惑メールフィルタリング設定    
     
メール設定
[ 閉じる ]

FFFTPとは

FFFTPは、曽田 純氏によるフリーウェアです。 ここでは、FFFTPの設定方法と使い方を解説します。

  • フリーウェアである。
  • 使いやすい(エクスプローラと同じような操作ができる)。
  • 転送モード(アスキー・バイナリモード)の自動選択がある。
  • 属性(パーミッション)の変更ができる。
  • 漢字コード変換に対応している。

各項目

このページの先頭へ戻る


1. FFFTPのダウンロード

FFFTPを入手します。

作者ページ|http://www2.biglobe.ne.jp/~sota/
ベクター|http://www.vector.co.jp/ 
窓の杜|http://www.forest.impress.co.jp/

このページの先頭へ戻る

2. FFFTPのインストール


ffftp-n_nn.exeをダブルクリックしてインストールを開始します。
※ffftp-n_nn.exeのnはバージョン番号です。

次の手順へ進む


「インストール先を指定してください」というダイアログが表示されます。

インストール先(通常は[C:\Program Files\ffftp]のまま)を指定して、「OK」ボタンをクリックするとインストールが始まります。
※「参照(B)...」ボタンをクリックするとハードディスク内のディレクトリが参照できます。「スタートメニューに登録」、「関連付け」にはチェックを付けられません。
正常にインストールされると、『FFFTP 改版リスト』が表示されます。「FFFTP 改版リスト」を閉じてインストールを終了します。
※FFFTPはインストール時にショートカットを自動的には作成しません。

このページの先頭へ戻る

3. ホストの設定

FFFTPを起動します。インストールしたディレクトリの中のFFFTP.exe をダブルクリックするか、作成したショートカット
をダブルクリックします。

次の手順へ進む



初めて起動したときは、メールアドレス入力のダイアログが開きます。

メールアドレスを入力し、「OK」ボタンをクリックします。

次の手順へ進む


『ホスト一覧』ダイアログが表示されます。

「新規ホスト(N)...」をクリックします。

次の手順へ進む


『ホストの設定』ダイアログが表示されます。「基本」タブをクリックして、以下のように設定します。
ご自身の設定情報を確認してください

「OK」をクリックして設定を保存します。

設定項目について
ホストの設定名: ホスト一覧における任意の識別名です。※1
ホスト名(アドレス): FTPサーバ名 ※2
ユーザ名: FTP用ID ※2
パスワード: FTP用パスワード ※2
ローカルの初期フォルダ: PC側のコンテンツがあるフォルダ
ホストの初期フォルダ: 空欄

※1 プロバイダ名など分かりやすいものを入力してください。
※2 『申込請書』をご確認ください。
FTPユーティリティで接続されますと、FTP用IDのホームディレクトリに入ります。
そこにindex.html など必要なファイルをおいてください。



次の手順へ進む

『ホスト一覧』ダイアログに上記で設定したホストの設定名が新しく追加されています。

このページの先頭へ戻る

4. ホストへの接続

FFFTPを起動します。
ホスト一覧から登録したホストを選択し、「接続」ボタンをクリックします。
 ※「ホスト一覧」ダイアログが表示されていない時はメニューの「接続(F)」から「接続(C)」を選択すると表示されます。


次の手順へ進む


ホストへの接続が完了すると、FTPサーバ側(右側)のディレクトリの内容が表示されます。
 
※上記は、ホームディレクトリになにもない状態です。

このページの先頭へ戻る

5. ファイルのアップロード・転送モード

ファイルのアップロード     

左側(自分のPC)から右側(FTPサーバ)にsend.htmlファイルを転送します。
自分のPCにあるsend.htmlファイル(左側)を選択します。
まとめて選択することも可能です(ctrlやshiftキー併用)。選択されますと、青く表示されます。
ドラッグして右のFTPサーバ側へ持っていってドロップします。エクスプローラの操作と同じです。
アップロードが成功すると、次のようなダイアログ画面 になります。

ファイルが選択されているときには、次のアップロードの仕方もあります。

  • 3段目のボタンの「上向き矢印」をクリック。
  • メニューの「コマンド」から「アップロード」を選択。

※アップロードしますと、属性(パーミッション)は、rw-r--r-- 644で作成されます。
CGIプログラム以外、属性は変更する必要はありません。

転送モード      

左:アスキーモード 中:バイナリモード 右:自動モード

転送モードにはアスキーモードとバイナリモードがあります。
通常は「自動」にしておけば問題ありません。
「自動」のときは、FFFTPが、登録してある拡張子に基づいてアスキーモードとバイナリモードを切り替えます。
モード切り替えの拡張子は、「オプション」メニュー → 「環境設定」 → 「転送1」タブ に登録されています。省略時のアスキーモードの転送ファイルは、*.txt、*.html、*.htm、*.cgi、*.plになっています。

このページの先頭へ戻る

6. 属性(パーミッション)の変更

FTPサーバ側にある属性を変更したいファイルを選択します。そのファイルに対して(ファイルの上で)右クリックします。

次の手順へ進む


「属性変更」をクリックしますと、次のダイアログが表示されます。

次の手順へ進む


ファイルの属性を644から755に変更します。

「実行」モードのチェックを全部付けて、「OK」ボタンをクリックすると、次のダイアログになります。

※注意
通常、アップロード後ファイルの属性を変更する必要はありませんが、CGIプログラムファイルは、実行可(x)ビット、CGIプログラムが書き込みするファイルは、書き込み可(w)ビットがそれぞれ必要です。
例:
CGIプログラム(.cgi): rwx r-x r-x 755
書き込みデータファイル: rw- r-- r-- 644
補足:
アップロードしたファイルのパーミッションは、644に設定されますが、「オーナ」のグループの書き込み可(w)ビットは、オーナがFTPソフトでファイルを置き換えるときに必要ですから、オフにするとアップロードできなくなります。

このページの先頭へ戻る

7. ファイル・ディレクトリ(フォルダ)の削除

FTPサーバ側にある削除したいファイル、またディレクトリの上で右クリックします。

メニューの中の「削除」を選択します。

このページの先頭へ戻る