※サイトの表示料金は、消費税率8%を適用した価格です。

SSLサーバー証明書取得管理サービス

注意事項


CAAリソースレコードについて

  • CAAリソースレコードにJPRSサーバー証明書発行サービスを指定する場合、ドメイン名に「jprs.jp」を記載してください。
  • CAAリソースレコードが存在しており、「jprs.jp」の記載がない場合、不承認となり証明書が発行できません。
  • CAAリソースレコードチェック時に、DNSの設定に不備があるとみなされた場合、不承認となり証明書が発行できません。
  • なお対象のドメインが権威DNSサーバーに委任されていない場合や、CAAリソースレコードが設定されていない場合、CAAに関する制約は無しと判断され、証明書の発行は可能です。

更新について

  • 有効期限月の前々月10営業日までに、ご申請メールアドレス宛に「有効期限リマインドメール」を順次送付します。
    お申し込み時には、必ずこの先も受信可能なメールアドレスをご申請ください。
  • 更新は有効期限の1ヶ月前までにお申し込みください。(これを過ぎると、有効期限内に更新作業が完了しない場合があります)
  • 更新のお申込み時には、新規に発行したCSR等、新規お申込み時と同等の情報をご提出ください。
  • 更新時の有効期限は、以前の有効期限からの延長となります。(更新を早く実施した分、有効期限が短くなることはありません)
  • 証明書の有効期限が切れると、Webサイトに「セキュリティ証明書に問題があります」という警告メッセージが表示されます。有効期限までに忘れずに更新をお申込みください。


解約について

  • 解約希望月の1ヶ月前までにご申請ください。
  • 証明書は解約月末に失効します。

このページの先頭へ戻る