U-netSURF インターネットサービスプロバイダー  ※サイトの表示料金は、消費税率8%を適用した価格です。

サイトマップ
U-netSURF(ユーネットサーフ)

ホームページサービス

アクセス権

UNIXでは、ファイル、ディレクトリごとに誰にどのようなアクセス権を認めるかを、パーミッションと呼ばれる属性で制御します。



ファイルのパーミッション

パーミッションは、左から3桁の組で順に、「オーナ」「グループ」「その他のユーザ」に対する設定になります。

パーミッションは内部的には9ビットの2進数、つまり「オン(1)」「オフ(0)」かで表します。

たとえば、パーミッションが「rw-r--r--」の場合、これを2進数で表すと「110100100」となりますが、通常は3ビットづつまとめて8進数で表して、「644」のように表記します。

読み(r)
書き(w)
実行(x)
読み(r)
書き(w)
実行(x)
読み(r)
書き(w)
実行(x)
r
w
-
r
-
-
r
-
-

オーナ

グループ

その他

1
1
0
1
0
0
1
0
0

アップロードしたファイルのパーミッションは、644に設定されます。

通常、アップロード後ファイルの属性を変更する必要はありませんが、CGIプログラムファイルは、実行可(x)ビット、CGIプログラムが書込みするファイルは、書き込み可(w)ビットがそれぞれ必要です。

例:
CGIプログラム(cgi、pl):rwx r-x r-x 755
書き込みデータファイル:rw- r-- r-- 644

アップロードしたファイルのパーミッションは、644に設定されますが、「オーナ」のグループの書き込み可(w)ビットは、オーナがFTPソフトでファイルを置き換えるときに必要ですから、オフにするとアップロードできなくなります。

このページの先頭へ戻る