U-netSURF インターネットサービスプロバイダー  ※サイトの表示料金は、消費税率8%を適用した価格です。

サイトマップ
U-netSURF(ユーネットサーフ)

ホームページサービス

CGIプログラムについて



CGIプログラムと記述言語について

Perlが利用可能です。コマンドのパスは次のとおりです。

#!/usr/local/bin/perl

CGIプログラムの拡張子は「.cgi」としてください。また、CGIプログラムの属性(パーミッション)に実行可能モードを追加してください。

このページの先頭へ戻る



jcode.pl、cgi-lib.plについて

jcode.pl、cgi-lib.plはインストール済みですので、アップロードされる必要はありませんが、最新バージョンなどをホームディレクトリ以下にアップロードされても構いません。

jcode.pl version 2.13
cgi-lib.pl version 2.18



CGI.pmについて

CGI.pmはインストールされていますので、アップロードをする必要はありません。

CGI.pm
version 3.15



漢字コード変換プログラム、nkfのパスについて

漢字コード変換プログラム、nkfのパスは次のとおりです。

nkf →
/usr/local/bin/nkf

このページの先頭へ戻る


CGIプログラムの設置場所、および属性(パーミッション)について

CGIプログラムの設置場所は、任意です。
掲示板のCGIプログラムを使う場合、お客様のFTP用IDがhogehoge、 CGIプログラム名が board.cgi、データファイル名が board.dat でしたら 以下のような階層になります。

 / ---(ドキュメントルートディレクトリ)
 |- index.html
 |- board   (掲示板用ディレクトリ)
   |- board.cgi
   |- data  (データファイルのディレクトリ)
     |- board.dat

サーバー側では大文字、小文字を区別して別の文字とみなしますので、 ディレクトリ名、ファイル名を指定する際は、注意して下さい。CGIプログラムの属性(パーミッション)は、ftpソフトで実行可能(x)モードを追加してください(644から755にしてください)。

7: 「 オーナ」のパーミッションです。
5: 「グループ」のパーミッションです。
5: 「その他」のパーミッションです。

4bit: r 読み取り可
2bit: w 書き込み可
1bit: x 実行可

CGIプログラムを格納するディレクトリをftpソフトで作成すると、ディレクトリの属性(パーミッション)は755になります。ディレクトリの属性を変更される必要はありません。

このページの先頭へ戻る


CGIプログラムの指定(呼び出し)方法について

上記の掲示板の例で、boardディレクトリ下にあるboard.cgiを呼び出すとき

■ URLからCGIプログラムを直接指定する場合
http://FTPサーバ名/~FTP用ID/board/board.cgi
例:FTP用IDがhogehoge、FTPサーバ名がwww2のとき
  http://www2.u-netsurf.ne.jp/~hogehoge/board/board.cgi

例:FTP用IDがhoge、FTPサーバ名がwww1のとき
  http://www1.u-netsurf.ne.jp/~hoge/board/board.cgi

フォームの ACTION から指定する場合
<FORM action="./board/board.cgi" method="POST">

HREF から指定する場合
<A href="./board/board.cgi">掲示板</A>



提供メールCGIプログラムについて

お客様のCGIプログラムから直接 sendmail プログラムを呼び出してメール送信することはできません。以下のようなメール送信用CGIプログラムを用意しておりますので、ご利用ください。

このページの先頭へ戻る


CGIご利用にあたってのご注意(下記事項をご了承の上、ご利用ください)

  • CGIプログラムの内容に関するお問い合わせはサポート対象外ですので、ご了承ください。
  • WWWサーバの動作に影響を与えるようなプログラムを設置された場合には、弊社側でそのプログラムを強制的に停止させることもありますので、ご了承ください。
  • お客様側の環境でバイナリのCGIプログラムを作成し、転送いただいても、サーバで動作する保障はありません。perl等のスクリプト言語で作成してください。
  • お客様が作成されたCGIがエラーとなりますと、Internal Server Errorというエラーメッセージが表示されます。お客様のプログラム内容を再度確認いただき、デバッグしてください。
このページの先頭へ戻る