※サイトの表示料金は、消費税率8%を適用した価格です。

名前deWebサービス - SSLサーバー証明書取得管理オプション

※ユーザーメニュー(アクセス状況照会/使用ディスク容量照会/FTPパスワード変更/アクセスカウンタリセット)は会員サポートページからご利用ください。


SSLサーバー証明書取得管理オプション

JPドメインを管理するJPRS(日本レジストリサービス)が発行するSSLサーバー証明書を提供するサービスです。当社は、JPRSの指定事業者として、SSLサーバー証明書の新規取得・更新等の取次業務を行います。取得したSSLサーバー証明書は、弊社にて名前deWebサーバーへインストールいたします。
※発行された証明書は名前deWebのみで使用可能。

■おすすめポイント

1.JPRSが発行 信頼の証明書 2.月額でのご提供 3.名前deWebへの登録がワンストップで対応可能
このページの先頭へ戻る

証明書の種類と詳細

<証明書の種類>
種類
ドメイン認証型
組織認証型
<詳細>
種類 特徴
ドメイン認証型
サーバー証明書の申請者が、サーバー証明書に記載のドメイン名の登録者または 管理権限を持っていることを証明する証明書
組織認証型
上記に加え、組織の実在性を審査した上で発行する証明書

■有効期限と更新

証明書の有効期限(全商品共通)
・2018年1月16日以前に発行された証明書:3年間
・2018年1月17日以降に発行された証明書:2年間
 (再発行を含む)

有効期限の2か月前1日~有効期限の1か月前までの間、証明書更新のお申込みが可能。

※有効期限月の前々月10営業日までに、ご申請メールアドレス宛に「有効期限リマインドメール」を順次送付します。お申し込み時には、必ずこの先も受信可能なメールアドレスをご申請ください。


サイトシール

サイトシールとは、Webサイトへの訪問者に対しセキュリティへの取り組みをアピールし、サイトの信頼性を示すものです。
本サービスのご利用者様には、無料でサイトシールをご利用いただけます。
※サイトシールのダウンロード、設定手順につきましては、こちらをご覧ください。

サイトシール
このページの先頭へ戻る

お手続きの流れ

■新規

STEP1:[お客様→弊社]      申込書、設定情報連絡票に必要事項をご記入の上、ご提出ください。
     (合わせて「名前deWeb SSLオプション」をお申込みください)

STEP2:[弊社→JPRS]      SSLサーバー証明書発行に必要な秘密鍵・CSRを作成し、
     JPRSへサーバー証明書の取得を申請します。

STEP3:[JPRS→お客様]

ドメイン認証型 DV ドメイン認証型の場合
申請時に指定したメールアドレス宛に、認証メールを送付します。
認証メールに記載されている案内にしたがい認証手続きを行ってください。


組織認証型 OV 組織認証型の場合
JPRSより下記審査が実施されますので、ご対応をお願いいたします。
「申請組織のドメイン名利用権」の確認(2018/7/31まで)
申請時に指定したメールアドレス宛に、認証メールを送付します。
認証メールに記載されている案内にしたがい認証手続きを行ってください。

(2)「申請組織の法的実在性」の確認
国や地方公共団体が発行する公的書類、国や地方公共団体のWebページもしくはそのデータベースなどを用いて、申請組織の法的実在性を確認します。
※以下のような状況に該当する場合は、法的実在性を確認するための書類提出をお願いする場合がございます。
・上記記載の方法を用いて、申請組織の法的実在性を確認出来ない場合
・申請組織が、任意団体(法人により構成された団体)や個人事業主などの組織種別に該当する場合

(3) 「申請者の実在・在籍・申請意思」の確認(電話確認)
以下の点について確認します。
・申請者(サーバー証明書の申込における、申請組織のご担当者様)が実在すること
・申請組織に在籍すること、サーバー証明書の申請を行うための正当な権限を有していること
■確認方法
第三者のデータベースなどに登録されている申請組織の電話番号宛に、電話確認を実施します。
※第三者のデータベースから申請組織の電話番号を取得できない場合は、別途電話番号を確認するための書類提出をお願いする場合がございます。
■電話確認の内容
電話にて、以下の項目を確認します。
・申請者が在籍していること(申請者の方が電話に出られたことで在籍しているものとします)
・証明書申請の意思確認(証明書を発行するCNについて電話にて確認します)


STEP4:[弊社→お客様]      発行されたSSLサーバー証明書を名前deWebサーバーにインストール、
     作業完了後にお客様へご報告いたします。

STEP5:[お客様]      名前deWebサーバーへのコンテンツのアップロード等、ご対応ください。

     サイトシールをご利用いただけます。
     ※サイトシールのダウンロード、設定手順につきましては、こちらをご覧ください。
このページの先頭へ戻る
 

■更新

STEP1:[弊社→お客様]      弊社より「有効期限リマインドメール」を送付いたします。

STEP2:[お客様→弊社]      設定情報連絡票に必要事項をご記入の上、名前deWebSSLオプション、ならびに、
     SSLサーバー証明書の更新をご申請ください。
     ※以後、新規お申込みの流れと同様に進みます。

このページの先頭へ戻る

 

料金

料金明細については、別途お問合せください。

このページの先頭へ戻る

仕様

こちらをご確認ください

このページの先頭へ戻る

お申込みについて

  • 取得したSSLサーバー証明書は、名前deWebのみでご利用いただけます。
  • 最低利用期間は6ヶ月間です。

  • お申込みについては、担当営業までご連絡ください。
    注)本サービスのお申込みには、名前deWebサービスへのご加入が前提となっています。

このページの先頭へ戻る

注意事項

CAAリソースレコードについて

  • CAAリソースレコードにJPRSサーバー証明書発行サービスを指定する場合、ドメイン名に「jprs.jp」を記載してください。
  • CAAリソースレコードが存在しており、「jprs.jp」の記載がない場合、不承認となり証明書が発行できません。
  • CAAリソースレコードチェック時に、DNSの設定に不備があるとみなされた場合、不承認となり証明書が発行できません。
  • なお対象のドメインが権威DNSサーバーに委任されていない場合や、CAAリソースレコードが設定されていない場合、CAAに関する制約は無しと判断され、証明書の発行は可能です。

更新について

  • 有効期限月の前々月10営業日までに、ご申請メールアドレス宛に「有効期限リマインドメール」を順次送付します。
    お申し込み時には、必ずこの先も受信可能なメールアドレスをご申請ください。
  • 更新のお申込み時には、新規に発行したCSR等、新規お申込み時と同等の情報をご提出ください。
  • 更新時の有効期限は、以前の有効期限からの延長となります。(更新を早く実施した分、有効期限が短くなることはありません)
  • 証明書の有効期限が切れると、Webサイトに「セキュリティ証明書に問題があります」という警告メッセージが表示されます。有効期限までに忘れずに更新をお申込みください。

解約について

  • 解約希望月の1ヶ月前までにご申請ください。
  • 証明書は解約月末に失効します。
  • 名前deWEBサービス、またはSSLオプション解約時には、本サービスも解約となります。

その他

  • 発行された証明書は名前deWebのみで使用可能です。
このページの先頭へ戻る